連絡先 > ヒューマンリソース > 管理学院
管理学院
  • 久立管理学院于2012年10月16日成立。董事长周志江担任院长。 久立管理学院是研究贯彻久立文化的
    一、久立管理学院介绍

    久立管理学院于2012年10月16日成立。董事长周志江担任院长。

    久立管理学院是研究贯彻久立文化的重要阵地,是管理者成长为精英的摇篮,是员工锤炼职业道德,学习职业知识,提高操作技能的学校。

    教学方针:坚持中外管理智慧和久立经营管理实践相结合,用以致学,学以致用,注重实战,讲究实用,追求实效。

    坚持全方位的开放,同高等院校、咨询机构、研究院所和国内外客户单位紧密合作,采取请进来,走出去的方式,聆听高师教诲。同时,坚持领导就是教练,专家就是导师,努力培养和造就高素质的内部培训师队伍。

    坚持与时俱进、开拓创新,从严治院、从严施教、从严管理,切实加强院风和学风建设。

    一、久立管理学院の紹介

      久立管理学院は2012年10月16日に設立され、董事長の周志江さんは院長を担当される。

      久立管理学院は久立文化を研究そして徹底的に実行する為の重要な陣地であり、管理者はエリートになる揺籃の地、従業員は職業道徳を鍛え、職業知識を学び、操作スキルを向上する学校でもある。

    教学方針:中国及び外国の管理知恵を久立の経営管理の実践と結びつけることを堅持する。学んで実際に役立てて、実際に役立てるために学ぶ。そして実用を重んじて実際の効果を求める。

    全方位開放を主張する。高等学校、諮問機関、研究院・研究所及び国内外における取引先と緊密に協力し、「外資導入及び海外進出」と言う方式を用いてハイレベルな先生による教えを聞く。さらにリーダーがコーチ、専門家が指導教官であることを堅持し、内部における素質の高い研修指導者チームを育成出来るように努力する。

    時代の波に乗って全面的に進み、開拓及び革新を貫く。厳格に学院を改善したり教育を施したり管理したりすることで校風及び学風の建設を確実に強化する。

    久立管理学院的基本任务:

    久立管理学院の基本任務:

    (一)培训轮训各级管理人员;

    (二)举办各类经营管理专业培训;

    (三)举办员工入职培训和技能晋级培训;

    (四)承办公司专题研讨班;

    (五)研究公司经营管理的新情况新问题,促进管理创新;

    (六)研究公司文化、发展战略、政策制度贯彻推进中员工的现实思想,运用最新研究成果进行的理论宣传,思想教育,提升思想工作水平; 

    1.各レベルの管理者を研修しそして順繰りに訓練する。

    2.各類の経営管理に関する専門研修を開催する。

    3.新入社員向けの新人研修及びスキルの昇格研修を開催する。

    4.当社による特定テーマのセミナーを引き受ける。

    5.当社の経営管理から生ずる新しい状況と新しい問題を検討し、管理革新を促す。

    6.当社の文化、発展戦略、政策・制度を徹底的に推進すると伴う従業員の現実思想を研究し、最新の研究成果を用いて理論の宣伝、思想教育を実施し、思想活動のレベルを向上させる。

    围绕教育的目标要求,着重提高学员四个方面的素质和能力:

    研修の目標要求を巡って、学生の素質及び能力について次の4点を重点的に向上させる。

    (一)运用久立文化指导工作的能力,具有履行职责所需的价值观、职业理念、精神状态、思想方法、道德操守和行为规范;

    (二)增加和更新经营管理和专业知识,具有与时代前进,企业发展相适应的知识水平;

    (三)提升员工技能知识和操作水平,具有制造优质产品,创建品牌需要的素质;

    (四)提升管理人员的表率意识,增强事业心和责任感,严于律己,艰苦奋斗,清正廉洁。

    1.久立文化を用いて仕事を指導する為の能力。職責履行に必要とする価値観、職業理念、精神状態、思想様式、道徳的操守及び行為規範を有する。

    2.経営管理及び専門知識を追加、更新する。時代と共に進み、企業の発展に応じた知識レベルを有する。

    3.従業員のスキル、知識及び操作レベルをアップさせる。上質製品の製造及びブランドの創建に必要とする素質を有する。

    4.管理者の手本意識をアップさせて企業心及び責任感を増強する。自分に厳しく必死になって努力する。そ

  • 二、2013年の研修状況 1、完成青管班培训,授课37次,组织讨论8次,辅导7次,考试5次,知
    二、2013年培训情况

    二、2013年の研修状況

    1、完成青管班培训,授课37次,组织讨论8次,辅导7次,考试5次,知识竞赛1次,赴海尔参观考察1次,培训人员51个,完成教学课时450个;

    2、完成质量管理等21个班次的专题培训,授课63次,组织经验交流2次,培训人员984个,完成课时206个;

    3、完成59个班次的职工岗位技能培训,授课354次,培训人员1424人,完成课时1468个;

    4、对两个事业部组织开展的行车工、轧制工安全培训提供计划、方法帮助,培训人员483人,完成教学课时36课时;

    5、采取定期和不定期检查方式,督促公司所属部门和单位完成了今年的培训计划;

    6、聘请教师77名,其中公司有59名领导骨干走上讲台,讲课810课时,外请专家\学者\老师和专业工作者18人,讲课96课时,内训师编写教材117篇,实务操作考核细则1100条,学员撰写发言材料24篇,经验介绍材料31篇。

    1.青年経営管理者向けの研修クラスを完成した。授業は37回、討論会は8回、補習は7回、試験は5回、知識競争は1回、ハイアールへの見学考察は1回、被研修者は51名、授業時間は450回分を完成した。

    2.21個クラスの品質管理等に関する特定テーマの研修を完成した。授業は63回、経験交流会は2回、被研修者は984名、授業時間は206回分を完成した。

    3.59個クラスの従業員向け職場スキルの研修を完成した。授業は354回、被研修者は1424名、授業時間は1468回分を完成した。

    4.2つの事業部より行われたクレーン運転士、圧延機作業員向けの安全研修に対し、計画、方法の援助を提供した。被研修者は83名、授業時間は36回分を完成した。

    5.定期的及び不定期の検査方式を用い、当社に所属する部門及び機関に対し、今年度の研修計画を完成するように督促した。

    6.77名の教師を招いだ。そのうち社から59名の主力リーダーが教壇に立ち、その授業時間は810回分。外部からの専門家・学者・先生及び専門スタッフを18名招き、その授業時間は96回分。内部の研修指導者はテキスト117、実務操作評価細則1100条を編纂し、学生は発言材料24編、経験を紹介する材料31編を書いた。

  • 1、1月3-4日,管理学院组织了第二次岗位技能实务操作考核。此次考核覆盖面广,覆盖人数多,这次考核结
    三、2014年の研修動態

    三、2014年の研修動態

    1、1月3-4日,管理学院组织了第二次岗位技能实务操作考核。此次考核覆盖面广,覆盖人数多,这次考核结束,标志了2014年度公司第一次岗位技能培训全面完成。

    2、1月10日,青管班隆重举行结业典礼。公司领导周志江、蔡兴强、王长城、张志方、崔亮亮和有关负责人出席。学员代表李晓翔、吴奇峰、邓先成、嵇方伟、张杰、王宝顺、叶明强在会上发言,畅谈领导关怀、学习体会和收获,副院长杨德林对学习进行了总结。集团公司董事长、管理学院院长周志江给学员颁发结业证书,并且发表毕业寄言。

    1.13日、4日に管理学院は第2回目の職場スキル実務操作審査を行った。今回の審査がカバーする範囲は広く、カバーする人数は多かった。今回の審査終了は2014年度において、当社の第1回目職場スキルの研修が全面的に完成したことを示す。

    2.110日に青年経営管理者向けの研修クラスは終業式を盛大に行い、当社リーダーの周志江さん、蔡興強さん、王長城さん、張志方さん、崔亮亮及び関連する責任者が出席された。学生代表の李翔さん、呉奇峰さん、先成さん、方偉さん、張傑さん、王宝順さん、叶明強さんは終業式にて発言し、思いやり型リーダー及び勉強の体得及び成果について心おきなく話した。副院長の楊徳林さんは勉強について総括した。そして集団会社董事長、管理学院院長の周志江さんは学生に修了書を授与して卒業祝いの言葉を述べた。

    3、2月8-12日,举办竭诚服务客户销售培训班。全体销售人员及相关人员参加了培训。董事长周志江、蔡兴强、徐阿敏、李郑周、王长城、苏诚分别听取了相关讲座,蔡兴强总经理对培训班进行了总结。

    4、2月11下午至12日,举办石油工业质量体系规范换版培训班,蔡兴强总经理进行开学动员,国家注册高级咨询师田勉良就第九版的修改及APL换版体系文件编写、APL换版体系文件和耐腐蚀合金复合管标准5LD编写进行了辅导,相关领导和技术人员参加了培训。苏诚总工程师在培训班上布置了公司质量年活动。

    3.28日~12日に心を込めて顧客にサービスすると言う販売の研修クラスを開催し、販売者全員及び関係者は研修に参加した。董事長の周志江さん、蔡興強さん、徐阿敏さん、李鄭周さん、王長城さん、蘇誠さんそれぞれは関連講座をヒヤリングし、蔡興強総経理は研修クラスについて総括した。

    4.211日午後から12日に至り石油工業品質体系規範の改版に関する研修クラスを開催した。蔡興強総経理は始業・動員を実施し、国家登録による高級コンサルタントの田勉良さんは第9版の修正及びAPL改版体系書類の編纂、APL改版体系書類及び耐食合金製の複合管基準5LDの編纂について指導し、関連するリーダー及び技術者は研修に参加した。チーフエンジニアの蘇誠さんは研修クラスにおいて当社の品質年度活動を仕掛けた。

    5、2月28日在浙江大学EMBA久立班在美丽的西子湖畔,浙江大学图书馆大楼举行开学典礼。39名学员参加。集团公司董事长,久立管理学院院长周志江,浙江大学继续教育学院院长何钦铭、海外培训合作中心主任罗遂洪等领导出席开学式。周志江董事长、何钦铭院长在典礼发表了热情洋溢的重要讲话。久立班班长张耀耀代表学员发言。开学典礼后,罗遂洪教授、郑加成教授分别以《全面深化改革与民营企业创新发展的路径选择》和《博弈论与企业创新》为题,给学员进行讲课。第一次讲课到3月1日下午结束。

    4月19-20日,EMBA班进行第二次授课,张国量老师讲课题目是《绩效管理的本质就是人的管理》;

    5月17-18日魏浩征,著名的劳动法与员工关系专家进行第三次授课:《企业用人风险控制》;

    6月21-22日,黎红华老师进行第四次授课:《营销思维和全员服务》;

    7月12-13日,钟廷挥老师进行第五次授课,《领导心智模式训练》;

    5.228日に浙江大学におけるEMBA久立研修クラスは美しい西子湖畔に位置する浙江大学図書館ビルにて始業式を行い、39名の学生が参加した。集団会社董事長、久立管理学院院長の周志江さん、浙江大学継続教育学院院長の何銘さん、海外研修提携センター主任の羅遂洪さん等のリーダーは始業式に出席された。周志江董事長、何銘院長は始業式にて熱意に溢れた重要なスピーチをし、そして久立クラス班長の張耀耀は学生を代表して発言した。始業式の後に羅遂洪教授、鄭加成教授それぞれは《改革の全面的深化及び民営企業による革新発展のルート選択》と《ゲーム理論及び企業革新》をテーマとして学生に授業を行い、第1回目の授業は31日午後に終了した。

     419日~20日にEMBAクラスは第2回目の授業を行い、張国量先生の授業題名は《業績管理の本質は人の管理》。

     517日~18日に魏浩征さん、労働法と従業員の関係による有名な専門家は第3回目の授業:《企業の雇用リスクの管理》を行った。

    621日~22日に黎紅華先生は第4回名の授業:《マーケティング思考及び全員サービス》を行った。

    712日~13日に鐘揮先生は第5回目の授業:《リーダーのためのメンタルモデル訓練》

    6、3月26-27日,举办招投标采购培训班,中国管理研究院招投标管理研究所所长陈伟进行为期两天的讲课《采购招标管理与评标规范》,招投标中心和无缝、焊接事业部、管件公司、钢构公司采购部40人,以及销售有关人员20余人参加了培训。

    7、4月3日公司举行高层学习会,学习内容是对外发展战略。森松集团外国顾问麦尔斯多德结合自己多年的工作经历及理论修养,在学习会上就这个问题作了讲解。董事会、监事会成员、董事长助理、总经理助理、财务总监、发展部、管理学院负责人共14人参加了学习。

    6.326日~27日に入札・調達に関する研修クラスを開催し、中国管理研究院入札管理研究所所長の陳偉さんは2日間を期間とする授業:《調達・入札管理及び入札の評価規範》を行った。入札センター及びシームレス、溶接事業部、配管部品会社、鋼構造会社調達部の40人及び販売関係者の20人余りは研修に参加した。

    7.43日に当社は上層部勉強会を行い、勉強する内容は外部への発展戦略。森松集団海外顧問のマイルスデューダさんは自分自身で長年に積み重ねた実務経験及び理論素養を踏まえて勉強会においてこの問題について解説した。取締役会、監査役会メンバー、董事長助手、総経理助手、財務総監、発展部、管理学院の責任者で合計14名は参加し勉強した。

    8、举办会计考证培训班,公司所属各单位统计和仓库会计参加学习。从4月18日至7月12日,利用每个周六下午和晚上进行上课。用了近三个月的时间,浙江税务干部培训中心的张培琳、李丽琴和孙红老师分别向大家讲解了《财经法规与会计职业道德》、《会计基础》、《会计电算化》三门课程。授课结束后,学员转入自学。为了促进检查学习效果,深化自学,管理学院于8月19日组织一次模拟考试。然后,参加8月27日的全国统考。

    9、客户管理人员培训。应海外客户的要求,管理学院于4月28-5月27日和5月28-6月23日,分二批对其公司4名管理人员进行培训。向他们介绍久立概况、公司文化、生产能力、制造流程、技术工艺、质量管理、安全环保、车间考察实习、产品研发等情况,帮助他们深入地了解久立,了解久立的产品。学习结业时,集团董事长,久立管理学院院长周志江向学习培训学员颁发了结业证书,并同他们合影留念。

      8.会計考証に関する研修クラスを開催し、当社に所属する各部門の統計、倉庫会計は参加し勉強した。418日から7月12日において毎週土曜日の午後及び夜の時間を利用して従業を行った。三ヶ月弱の時間を掛けて浙江税務幹部研修センターの張培琳さん、李麗琴さん及び孫紅先生それぞれは皆に《財政経済の法規及び会計の職業道徳》、《会計基礎》、《会計電算化》と言った3課程を解説した。授業終了後に学生は独学に変わる。勉強する効果のチェック、独学の深化を促す為、管理学院は819日に模擬試験を1回アレンジし、それから827日の全国的な統一試験に参加した。

    9.顧客管理者向けの研修。海外における顧客の要求に応じて、管理学院は428日~527日及び528日~623日にかけて2回分けてその会社の管理者4名に研修を実施した。彼らが久立及び久立の製品を深く理解する為の援助をして久立の概況、会社文化、生産能力、製造フロー、技術プロセス、品質管理、安全環境保護、現場考察・実習、製品の研究開発等の状況を紹介した。研修が修了後に集団会社董事長、久立管理学院院長の周志江さんは研修学生に修了書を授与し、その上彼らと一緒に記念写真を撮った。

    10、新工入职培训班。由于公司近几年发展迅速,新员工增加较多。5月8-9日,5月15-16日、5月22-23日、6月12-13日管理学院分别举办了四期新工入职培训班,集团公司党委书记张志方,公司总经理助理崔亮亮,安全环保部经理姚建英,物业公司经理莫建伟分别就企业文化、公司制度、安全环保、物业业务进行了讲课。每期培训班结束,管理学院副院长杨德林都对培训学习进行小结,并且要求学员尽快适应新环境,融入久立;用久立文化规范行为,指导工作;以新人新面貌,带头遵守公司制度;严格按照要求,做好安全环保工作。每期培训都对学习内容进行考试。对考试不合格者实行补考。

    11、技能培训班。管理学院与区技能培训中心合作,从5月25日开始,利用周日对天车、钳工、焊工、车工四项岗位技能培训进行为期两个月的培训和自学。培训分岗位知识和实务操作两大块。为了使培训与自学结合的更好,提高学习效果,管理学院专门发出通知,对学员自学提出明确的要求和指导。为了检查自学情况,管理学院于8月10日进行一次大题量(00-300题)的预考,使学员全面了解自己自学情况,看到自己差距,从而提高自学自觉性,抓好下一步的学习。正式考试在8月24日举行。

     10.新入社員向けの新人研修クラス。当社はここ数年において迅速に発展すると共に新入社員が多く増えた為、58日~9日、515日~16日、522日~23日、612日~13日にかけて管理学院はそれぞれ4回の新人研修クラスを開催した。集団会社中国共産党委員会書記の張志方さん、会社総経理助手の崔亮亮さん、安全環境保護部マネージャーの姚建英さん、不動産会社マネージャーの莫建偉さんそれぞれは企業文化、会社制度、安全環境保護、不動産業務について授業を行った。研修クラスが終了する度に管理学院副院長の楊徳林さんは研修の勉強について中間総括をすると同時に学生に早めに新しい環境に適用し久立に溶け込むようにと要求した。久立の文化で行為を規範化し、仕事を指導する。新人の新しい様相をもって先頭に立ち会社制度に従う。厳格に要求によってきちんと安全・エア活動を実施する。各研修は勉強した内容について試験をし、試験に合格しないものに対し、追試する。

      11.スキル研修クラス。管理学院は区レベルのスキル研修センターと連携し、525日から日曜日を利用して天井クレーン、機械組み立て工、溶接士、旋盤工と言った4職場に対し、2ヶ月を期間としたスキル研修及び独学を行った。研修内容は職場知識及び実務操作の2部分に分けられる。研修を独学とよりうまく結び付け、勉強の効果を向上出来るように管理学院はわざわざ通知書を発行し、学生の独学に明確な要求及び指導を取り上げた。独学の状況をチェックする為、管理学院は810日に大量の試験問題(00-300)を有する予備試験を実施した。従って学生は自分自身の独学状況を全面的に理解し、自分自身の落差を見ることで独学の自覚性をアップし次段階の勉強をきちんと掴むようになる。正式試験は824日に行った。

    12、新大学生入职培训班。7月9日-25日,管理学院对2014年度新入职大学生进行了培训。集团党委书记张志方、总经理助理崔亮亮、管理学院副院长杨德林、公司安全环保部副经理姚建英、研究员院长助理丁文言以及无缝管、焊管事业部技术工艺部张杰、刘明洲分别就企业文化、公司制度、安全环保、入职引导、技术工艺专利与专业技术管理进行了讲解。培训期间,全体学员专门到移沿山庄进行了为期两天的拓展训练。举办了新老大学生座谈会,畅谈学习体会和在久立工作的感受。还举行了以老带新、新老结对仪式。集团董事长、管理学院院长周志江,总经理助理崔亮亮及有关方面负责人参加了座谈会和新老结对仪式。培训结束时,进行总结和考试。

     12.新卒大学生向けの新人研修クラス。7月9日~25日において管理学院は2014年度に新しく入職した大学生に対し研修を行った。集団中国共産党委員会書記の張志方さん、総経理助手の崔亮亮さん、管理学院副院長の楊徳林さん、当社安全環境保護部副マネージャーの姚建英さん、研究院院長助手の丁文言さん及びシームレス鋼管、溶接鋼管事業部技術プロセスの張傑さん、劉明洲さんそれぞれは企業文化、会社制度、安全・エア、入職案内、技術プロセスの特許及び専門技術の管理について解説した。研修期間において学生全員はわざわざ移沿山庄に移動し2日間を期間としたサバイバル訓練を実施した。集団董事長、管理学院院長の周志江さん、総経理助手の崔亮亮さん及び関連する責任者は座談会、従業員新旧ペアの儀式に参加した。研修終了後に総括及び試験を行った。

  • 1、6月30日——7月5日,北科大研究生来公司开展暑期社会实践活动。双方领导都十分重视,集团公司董事
    四、其他信息

    1、6月30日——7月5日,北科大研究生来公司开展暑期社会实践活动。双方领导都十分重视,集团公司董事长周志江、副总经理李郑周、党委书记张志方和北科大党委书记吴春京、副书记、副院长李磊参加相关活动。活动期间,双方互相介绍了情况,研究生们介绍了自己科研的情况,听取了公司关于生产技术工艺介绍,参观了产品制造生产的现场,考察了湖州市容市貌及湖笔馆。

    四、その他情報

    1.630日~7月5日に北京科技大学修士は当社にやって来て夏季社会実践活動を実施した。お互いのリーダーとも大変重要視し、集団会社董事長の周志江さん、副総経理の李鄭周さん、中国共産党委員会書記の張志方さん及び北京科技大学中国共産党委員会書記の呉春京さん、副書記、副院長の李磊さんは関連活動に参加した。活動の実施期間において双方はお互いの状況を紹介した。修士らは自らの科学研究の状況を説明し、当社に関する生産技術、プロセスの説明を聞き取り、製品の製造現場を見学し、湖州と言う都市の景観及び湖筆館を考察した。

     

    博士后工作站

    博士后科研工作站,简称工作站,是指在企业、科研生产型事业单位和特殊的区域性机构内,经批准可以招收和培养博士后研究人员的组织。我公司于2010年12月正式成立博士后科研工作站,2013年9月被批准为国家级博士后科研工作站。

    博士后工作站成立以来,我们先后从浙江大学,上海大学等引进博士后人才,针对国家重大迫切需求和产业发展规划,以科技创新为牵引,按各自的优势承担相应课题任务,享受相应的科技成果。如上海大学李钧博士在站期间立项项目为《核级蒸汽发生器用合金管材Incoloy 800合金制管工艺及性能研究》,从研究晶界工程工艺入手,采用因素变量法,通过对退火和冷轧变形量的研究,优化出Incoloy 800合金的最佳境界工程工艺,并研究退火时间和冷轧变形量对晶界特征分布的影响,改善奥氏体基体合金的耐蚀性能,提高了材料的使用寿命,降低了成本,节约了资源。而2012年入站的李慧博士主要研究项目为“690合金晶界结构对合金元素在晶界处偏聚的影响”、“蒸汽发生器传热管材料Inconel690合金晶界工程工艺研究”、“晶界工程技术在奥氏体不锈钢管材或板材生产中应用的研究”等,为公司科技创新提供了动力。
    博士后科研工作站,促进了公司与高等院校、科研机构的合作机制,提升了企业科技创新能力,拓宽了高层次人才的引进、培养、使用和交流。

    ポストドクターのワークステーション

    ポストドクター科学研究ワークステーションはステーションと略称する。そのステーションとは企業、科学研究生産型の公的機関及び特別な区域性機構において、承認を得てポスドクを募集及び育成することが出来る組織のことを指す。当社は201012月に正式にポストドクター科学研究ワークステーションを設立し、20139月に国家レベルのポストドクター科学研究ワークステーションとして承認された。

    ポストドクター科学研究ワークステーションは設立して以来、前後して浙江大学、上海大学等からポストドクターの人材を導入し、国による重大そして差し迫った必要及び産業発展企画に対し、科学技術革新で牽引して各自の優位性によって相応な課題・任務を負い、相応な科学技術成果を受ける。例えば、上海大学の李博士はステーションにおる間に《原子核レベルの蒸気発生器用合金管Incoloy 800合金管の製造プロセス及び性能研究》と言うプロジェクトを立ち上げた。結晶粒界工学の研究から着手し、要素変数法を用いてアニール及び冷間圧延による変形量を研究することでIncoloy 800合金の最適境界工学プロセスを最適化する上、アニール時間及び冷間圧延による変形量より結晶粒界の特徴分布への影響を研究した。それによって、オーステナイト系基体合金の耐食性能を改善したり、材料の使用寿命を向上したり、コストを下げたり、リソースを節約したりすることができたと言う。それに2012年にステーションに入った李慧博士は主に「690合金の結晶粒界構造より結晶粒界部における粒界偏析への影響」、「蒸気発生器用熱伝導管材料Inconel690合金の結晶粒界工学プロセスに関する研究」、「オーステナイト系ステンレス鋼管又は板材における結晶粒界工学技術に関する研究」等と言ったプロジェクトを研究し、当社の技術革新に原動力を与えてくれた。ポストドクター科学研究ワークステーションによって当社と高等学校、科学研究機構との提携メカニズムを促し、企業の技術革新力を向上させ、ハイレベルな人材の導入、育成、利用及びコミュニケーションを広げることができたのである。

お問い合わせCONTACT US