企業情報 > 董事長挨拶
董事長挨拶

    久立の歴史は1987年に湖州における金属材料の加工業から始まったのである。1994年から2007年にかけて久立集団傘下の湖州盛昌耐火電纜有限公司製ケーブルは全国に人気がある。この年において、当社は国家商標局に「久立」、「JIULI」及び図形商標を申請、登録し、全製品及び42類の製品登録を含む。これは今久立会社名及び商標の由来。

    2013年以降、久立は久立ステンレス工業団地を建設し始め、専門的に工業用ステンレス鋼管を作る為のプロの道に一歩を踏んだ。30年近くの発展によ って、当社は素晴らしい業績を何度も作り出し、着実な歩調で進み、顧客の信頼及び社会の賞賛を勝ち取ることができた。そして終始して「全世界の工業設備に安全で信頼的なステンレス鋼管」と言う理念を引き継ぐ。当社は徐々に近代化企業管理制度を作り、完全で適当な組織構造を生ずて優秀な管理チーム、豊かな資金サポート、先進的な技術力を有するようになった。世界先進レベルのステンレス、耐食合金、チタン合金、高温合金シームレス鋼管(熱間押出・パンチング+冷間圧延・低温延伸)生産ライン及びFFX成型、JCO成型等の溶接配管生産ラインを設けてある。終始して石油ガス、電力、原子力発電、LNG等のエネルギー設備及び石油化学、化学工業、船舶製造等の業界用設備に高性能、耐食、耐圧、耐熱のステンレス鋼管、ステンレス、ニッケル合金、炭素鋼、合金鋼等の材料のフランジ、配管部品等を提供することに力を尽くす。

    将来の時間において、我々は「困難にめげずに創業し、品質で勝ちを収め、信用を根本とする」と言う企業精神を貫き続け、最適な製品及びサービスで社会に貢献し、多くの顧客による需要を満たし、共に美しく輝く明日を作ろう。

久立に入るAbout Us